一枚ガラスから二重ガラス窓への交換の手順、窓枠はどうすればいいの?

mado_waku
窓ガラスを一枚ものから、二重のガラスに交換する際の手順として、一番気になるポイントとして挙げられるのが窓枠をどうすればいいのか?ということではないでしょうか。というのも、二重ガラスはガラスが二つあわさってできているものですから、それなりの厚さがあることが伺えます。そのため、これまで使用してきた窓枠を使用することができないのではないかということが考えられるのです。

それでは実際に二重ガラスに交換をする場合、窓枠をどうすればいいのかというと、ある程度予想はついているかもしれませんが窓枠そのものから交換をしなければならないのが基本的な対応となります。なぜならば、二重ガラスはただ単にガラス2枚を合わせただけのものではなく、その二枚のガラスの間にいくらかの空間を作る必要があるからです。この空間こそが二重ガラスの醍醐味であり、この空間によって遮熱や断熱効果を生み出していますので、これを無くしてしまうことは二重ガラスの良さを奪ってしまうことになります。それゆえに、二重ガラスを取り付ける際には窓枠からの交換が基本的には必須となるのです。

しかし、場合によっては窓枠の交換を行わなくてもいい場合があります。それは特殊なタイプの二重ガラスであれば、この二枚のガラスの間の空間を狭くしても十分な効果を得られるからです。ですので、どうしても今まで使っていた窓枠を交換したくないと考えている方は、このような特殊な二重ガラスへの交換を取り付けてみてもいいかもしれません。

以上のことから、特殊な二重ガラスへの交換をする以外は、二重ガラスに交換する際の手順としてはまず窓枠から新しいものにし、そしてその新しい窓枠に新しい二重ガラスを取り付けるというものになります。ですから、もし交換を考えておられる方は、窓枠から交換を行うことを念頭に置いておき、それだけの費用と時間がかかることを見積もっておいた方がいいでしょう。