割れた窓ガラスを放置してませんか?修理しないと危ないですよ!!

broken_glass
ご家庭で使用されている窓ガラス、もしかして割れた状態で放置していませんか?ちょっとくらいのひび割れであれば放っておいても大丈夫なんて思っていたら、大きなトラブルが発生してしまう可能性がかなりあります。ですので、修理しないとかなり危ないですよ!!

割れた窓ガラスを放置していた場合、危ないというのはいろんな意味での危ないが含まれます。一つ目の危ないとしては「怪我をする」という点での危ないです。割れた窓ガラスは基本的に鋭利な刃物と同じ状態です。ガラスの割れた部分がむき出しになっている場合、そこに誰かが体の一部を引っ掛けて切ってしまう可能性もありますし、ちょっとしたひび割れが原因でガラスが大破してしまった場合、その割れたガラスで足を怪我することもあります。これだけでもかなり危険であることが理解できますよね。しかし、割れたガラスを放置していると危険なのはこれだけではありません。
名古屋 ガラス屋さん
では、怪我をする以外に何が危険なのかというと、割れたガラスを放置していることによって空き巣などの侵入者を防ぐことができないという点があるからです。よく自宅の玄関の鍵さえかけておけば空き巣対策は十分できると考えておられる方が多いですが、実は空き巣が侵入経路として用いるのは玄関ではなく、窓ガラスを破壊してそこから入るというものです。そのため、割れた窓ガラスを放置しているような家は空き巣の格好の餌食。まさに入ってくださいと言っているようなものでしょう。ですので、割れたガラスを放置している時間が長いほどに、空き巣被害に遭う確率も日に日に増していっていると言えます。

割れたガラスを放置しておくことによって、これらの危険が身の回りに溢れることになります。こうやって考えるとかなり怖く感じませんか?その怖い危険を回避して、快適な毎日を過ごすためにも、割れたガラスは放置するのをやめてできるだけ早く修理するようにしましょう。
ガラス工作室